LAMMTARRA BADEL 流れの速い河川にも対応。タングステン内蔵で更なる飛びを追求

ラムタラのタングステンウェイトチューンモデル。アクションを若干押さえて、潜行深度も60cmに設計。ラムタラが表層を流す設計に対し、ややレンジが入る仕様のバデルはバイトをフックアップに持ち込みやすいというメリットも。流速がある場面や場所ではバデルの実績が高いという特徴がある。大潮~中潮ではバデル、小潮や若潮などの潮廻りではラムタラと、タイドによっての使い分けも良。

[全長] 130mm [重量] 20g [タイプ] スローサスペンド
[アクション] バリアブルウォブンロール [フック] ST-46 #4
[価格] ¥2,000(税別)

濱本国彦プロデュース

タングステンウェイト搭載!

濱本 国彦

"ランカーキラー"ラムタラはドリフトでの使用を想定して開発したミノーである。普通にリトリーブをするとパタパタとしたアクションが大きいルアーと思われがちだが、流れの中で糸ふけを取るくらいのドリフトで流すと、ランカーシーバスの好むフラフラとした絶妙なアクションを演出できる。重要なことは決して「巻きすぎない」こと。「重み」は感じるが、「泳ぎ」は感じないリトリーブスピードが、「ラムタラ」のドリフトのキモである。そのランカーキラーのラムタラがタングステンウエイトを搭載し、平衡姿勢を保ちつつ安定した飛距離を出すことに成功。また、タングステンウエイトで動きをタイトにすることにより、泳ぎを抑えランカーが好むフラフラした動きをより演出しやすくなった。秋のハイシーズン、ランカーを狙うなら必須のアイテムだ。
濱本国彦について

タングステンウェイト 搭載!

僅か数センチのレンジ差が明暗を分ける釣り。

長谷川 泰孝

ラムタラとの違いは、たった2g。されど2gが及ぼすキャスタビリティー、より深い潜航深度とウェイトアップがもたらす水馴染みの良さにバデルのアドバンテージは集約されています。多用する場面はラムタラではちょっとサラシに飛ばされ過ぎて狙いのトレースラインを外れてしまう時や、サラシに厚みがありその下を通したい時など、ラムタラでは足りない所をバデルが潜航深度と水馴染みの良さを生かしてサポートしてくれます。TOPでは出るけど乗り切らない・ミノーだけでは反応しにくいあの磯の難敵ヒラスズキに、より一歩踏み込んで行けるラムタラバデル。是非、お試しください。
長谷川 泰孝について

流れ落ちるベイトの動きをオートマチックに演出できる。

献上 真也

ラムタラの洗練されたフォルムはそのままに、タングステンウェイトを搭載することで、18gから20gへチューンされたのがラムタラバデルである。2gのウェイトアップによって飛距離が更に伸びたのは勿論だが、浮力が抑えられサスペンドになったことで、アベレージの潜航深度も30cmから60cmにダウン。これらの恩恵で流れに対しての馴染み具合がさらに向上し、ピンポイントに潜むシーバスをドリフト釣法で、より繊細にコントロールしながら喰わせることが可能になった。また、あえて動きを抑えたセッティングを採用したことで流下するベイトフィッシュに酷似した動きを自動的に演出することができる。大型の個体には時として大きなアクションや自らを危険に冒す可能性の高い表層のレンジでの摂餌を嫌う場面がある。違和感を与えないバデルの絶妙な揺らぎを伴う波動が、警戒心の高いランカーシーバスから躊躇なく深いバイトを得るための近道である。
献上 真也について

カラー

  • 01 ハマーナイト
    01 ハマーナイト
  • 02 レッドヘッドホロ
    02 レッドヘッドホロ
  • 03 チャートバックピーチ
    03 チャートバックピーチ
  • 04 イワシ
    04 イワシ
  • 05 ボラ
    05 ボラ
  • 06 コットンキャンディー
    06 コットンキャンディー
  • 07 グラデイワシ
    07 グラデイワシ
  • 08 TOKUMEIホワイト
    08 TOKUMEIホワイト
  • 09 イブラン
    09 イブラン
  • 10 ジョーカー
    10 ジョーカー
  • 11 イエローサンドスルー
    11 イエローサンドスルー
  • 12 マツオデラックス
    12 マツオデラックス

裏カラー

  • 101ハマームーン(数量限定)
    101ハマームーン(数量限定)
ルアー トップ