DOVER99F 抜群の飛距離と安定した泳ぎで驚愕の釣果を叩き出すパイロットミノー。

100mm以下のフローティングミノーにおいてトップクラスの飛距離を誇り、河川や港湾、汽水湖や磯など様々なシーバスシーンに高い次元で対応できるオールラウンドなミノー。フィールドへの対応力だけではなく、サーチ能力の高さ・使いやすいサイズ感やベイトを選ばないアクションなどから高い使用頻度を誇っている。フック交換にも耐える安定力から、時にはブリやサワラなど旬のターゲットとの逢瀬を果たす役割を担う事も。

[全長] 99mm [重量] 15g
[タイプ] フローティング
[アクション] ウォブンロール
[レンジ] 60〜90cm
[フック] #4
[価格] ¥1,780(税抜)

小さくなったのはサイズだけである。

松尾道洋
松尾道洋

このルアーの完成に関して、まずはDOVER120Fの開発コンセプトを再度知ってもらいたい。パイロットルアーとして、そして今後の開発機軸として作り上げたDOVER120F。このルアーが出来上がった時、ここからどんどん後に続くルアーが生まれる事を期待していた。いや、期待というよりは...出来上がった時には安堵感の方が強かった。これでようやく派生展開させられるベースが出来たと。
新しい99mmというサイズは、全国的に受け入れられやすい大きさだろう。タックルバランスに左右される事無く、且つアベレージサイズのシーバスに対し、投入する事に何らためらいを感じさせない。ルアー自体が持つトータルバランスの高さは投げれば分るはずだが、状況変化に左右され難いスペックが確実に使用頻度を高めるはずである。中でも、特段武器になるのは飛距離である。恵まれた条件から叩き出される最長飛距離では無く、体感して欲しいのはリアルな現場で叩き出す平均飛距離である。

風向き・風速、テイクバックが取り辛い場面等、フィールドには数多くの弊害があり、それもまた刻々と変化するのが常である。すなわち最高の条件というのは至極限られているのだ。DOVER99Fの良い所は、パイロットルアーとして求められるアクションを犠牲にする事無く、15gというウエイトで安定した飛距離を叩き出すという所である。この「良い所」は、アピアのランカーハントに対するこだわりを感じてもらえる部分でもある。99mmというサイズであってもランカーに臆する事無く投入出来る様、#4の2フックシステムを採用しているわけだが、簡単に言ってしまえば製品版には余裕があるという事である。この余裕はバランスの高さが実現されてこそ生まれる部分であると考える。
#4でも不安な場面に出くわしたら、#3を抱かせても良い。松尾はサスペンド化させたい時などにも番手を上げている。99mmという一口サイズもランカー対応となると、とたんに小ささを感じさせないオーラを放ってくるではないか。
松尾道洋について

異常なまでの「ランカー捕獲率」。

内田聖

昨年の秋シーズンに獲れた十数本のランカーシーバス。その8割程度をキャッチしたAPIAの「DOVER99F」。やはり今年もその圧倒的な存在感は健在。このルアーのランカー捕獲率の高さは際立っており、自分にとって今世紀最大の武器。もはや、ユーザーにあまり使って欲しくないレベルだ(笑)。最近よく現場で会う釣り友からも、「今日も801本、今日も70UP3本、今日も60UP3本、全て99Fです!」と嬉しい報告。超ハイプレッシャーフィールドでもある愛知県のフィールドでここまでの結果が出ているのも、やはりこのルアーの構造が「現代のシーバススタンダード」として、食い渋る現代のランカーシーバスの食性に対し、ほぼど真ん中の仕様に持ってきてあるからだと思う。

思考をはるかに凌駕する現物の飛距離と
超感度レスポンスがもたらす釣果。

まずは何といっても飛距離。同ウェイトのバイブレーションよりはるかに飛ぶという驚異の実力。普段ウェーダーを履いて狙う場所をおかっぱりから直撃できる。ここは自分が「おかっぱりルアー」として強くお勧めしたい理由のひとつでもある。普段狙う橋脚よりもう1本先の橋脚までが視野に入る。以前、生みの親である松尾さんとの会話の中で「99Fなんであんなに飛ぶんすか」という質問に対し、「わからん(笑)」といった回答があったのがとても印象的だった。もちろん、そこには設計的な狙いの飛距離はある、しかし現物はそこをはるかに凌駕する何かがある、という意味だ。
そして、次に優れているポイントは「巻きに対する超感度抜群のレスポンス」。着水したその時点から食わせの揺らぎを発動できる。着水時のルアーの姿勢をよく観察して欲しい。水噛みまでのルアー動作に一瞬で入れる姿勢を保っている。着水時のウェイトの位置が緻密に計算されているのだろう。そして初動に人工物らしい違和感が少ない。ルアーは着水した時点から見られている。着水からの動き出しがいかに早いか、どれだけナチュラルか、この巻き初めのレスポンスの良さは釣果に大きく寄与している。

大きな個体が簡単に捕食する環境条件アクション。

そしてアクション。現代シーバス向きな少し弱めのアクションの中でも、強すぎず弱すぎない。ここはなかなか口で説明するのが難しいところなのだが、水量のエネルギーが少ない時はしっかり巻いて強すぎない波動を出す事ができ、水量のエネルギーが大きい時は、水噛みをぎりぎりするかしないくらいで巻くと、絶妙な浮遊感を持ったいわゆる「食わせの揺らぎ」で、流れと同調もしくは流れに負けながら動かすことができる。大きな個体が簡単に小魚を捕食しやすい環境条件にいかに容易に合わせこめるか、これを見てくれているアングラーならきっとわかってもらえると思う。

9センチミノーに#4の漢フック。

そしていかにもAPIAらしい99mmボディに#4フック。掛けてからの安心感が半端ない。今のところDOVER99Fで掛けたランカークラスのシーバスをばらした記憶はない。手前で暴れる巨体と格闘している時も慌てる事がない。もはや大きいフックを採用する文化はアピアのアイデンティティでもある。これ以下のサイズのルアーに#4を採用するようになってきたら、全力で止めに行きます(笑)。

このルアーに確信している。確実に持っていて損はない。

浮力をもったファットなボディも、小さめのリップも、#4フックも、全てはランカーシーバスを確実に捕獲するため、そんな魂のこもったプロダクトがDOVER99F。APIAアンバサダーからも「神ルアー」とされる位置づけ。本当に良いルアーだと思うし、地元でランカーシーバスを狙うアングラーには間違いなく助けになってくれると確信している。ナイトゲームであれば、マツデラやCHモヒートが鉄板カラー。既にこのルアーの脅威に気づいているアングラーが徐々に必須アイテムとして集めてくれている。多分、近所の釣具屋さんでは既に入手困難なカラーもある。もちろん上記2色以外でもしっかり釣果出ているので、まだ使った事がないアングラー、おかっぱりからランカーシーバスを捕りたいアングラーに、この時期、本当に心からお勧めしたいルアーだ。

内田聖について

カラー

  • 02 レッドヘッドホロ
  • 03 チャートバックパール
  • 05 ボラ
  • 06 コットンキャンディ
  • 07 サッパ
  • 09 ブラックヘッドクリア
  • 11 CHモヒート
    (RED中村SP)
  • 13 マツオデラックス
    (松尾SP)
  • 14 ラピスネイビー
  • 15 マイワシ
  • 16 アカキンピンク
  • 17 クリアビタミン
  • 18 GHブラック
ルアー トップ