DOVER120F River プロアングラーが鍛えた正統進化。究極のオールラウンドミノー。

パイロットルアーとして生まれたDOVERシリーズ。近年必須である飛距離を追いつつも、ルアーの根幹であるアクションやレンジキープ力などをスポイルさせず、信じて投げ続けられる確かなモノとして作り込んだ。着水後は素早く始動し、適度な引き抵抗で設定レンジである60cmほどをキープ。アクションは様々なベイトに対応できるウォブンロールとする事で、通年使用を考慮。河川・干潟・港湾・汽水湖、更には磯やサーフにも順応するオールラウンダー。

[全長] 120mm [重量] 19g [タイプ] フローティング
[アクション] ウォブンロール [レンジ]60cm [フック] #3
[価格] ¥1,980(税別)

特徴

  1. 様々なフィールド・ベイトパターンに対応
  2. 素早く始動し回収までしっかりと泳ぐレスポンス
  3. 飛距離を追求したタングステンウエイト内蔵モデル
  4. ランカー対応の2フック仕様
サイズUP / #2フック×3
DOVER120F River 釣果写真

しっかりと動きを感じられる。
それでいてアクションはナチュラル。

安田 浩樹

僕がRivaを初めて手にしたのは量産型のサンプルになってから。届いた夜にフィールドに立ちたくなるその洗練されたフォルムは、明らかに旧型から向上しているであろうと感じとれるボディ。どんな飛びなのか、どんな泳ぎなのか、いち早く試したくてホーム河川へと向かう。飛びに関しては飛行姿勢が安定してブレが少なくなったと感じた。相乗効果で飛距離も旧型より飛んでいる。今までの120Fも飛ぶミノーだと感じていたが、更に飛距離が出る事で到達させたかったポイントへ届くようになり、安定した飛行姿勢により狙いたかったピンへ入れる事ができる。この時点でもアドバンテージは上がっているが、一番の違いは泳ぎだった。旧型は適度な抜け感で水を受け流すような泳ぎを感じていたが、Rivaは水噛みが良く泳ぎだしも早い。それでいて泳ぎは暴れすぎないのである。この日は河川のドリフトの釣りで使用したが、明暗の境目へと流し込むパターンではバイトが出ず、ダウンから明部へルアーが出てくる巻きでヒットした。ルアーが水を纏う感覚を感じ易いにも関わらず動きは決して派手ではなくナチュラル。ダウンの流れを当てても暴れすぎず泳ぎ切りバイトが出た。という事は、流速の早いエリアや外洋でも使用し易い。さらにホーム河川はそこまで流速の速い場所ではないが、水噛みの向上によりスローなドリフトの釣りでも更に使いやすくなった。止水域や流速の遅いエリア、外洋や流速の速いエリア、飛びと泳ぎの向上によりこのルアーを使いたいと思うフィールドが格段に増えた。今後パイロットルアーとして、ここぞと言う信頼のルアーとして、僕のタックルボックスに常に常備し、様々なフィールドで共にターゲットを追うルアーなのは間違いないことである。
安田 浩樹について

飛距離・泳ぎ・フィールド対応力。
基本性能の全体的な底上げを
図り金型から作り直したモデル。

松尾 道洋

DOVER120Fは2015年に誕生して以降シリーズの母体を担い、多くの派生を生み出したAPIAのパイロットルアーである。シーバスゲームにおけるプラグの基本性能のみを追求し、あえて特化させた特徴を持たせず、誰もが迷い無く投げ込める「使いやすさ」に主観を置いたモデルだ。今回リニューアルを図ったのは、その使いやすさの基準が3年前と今では異なってきた事が一番の理由である。パイロットルアーとして重要な要素はいかに投げ続けられるかにあるが、ルアーにはそれぞれ主戦場があって、その基本を守る事によって初めて「投げ続けられる」という背景がある。初代DOVER120Fは河川を中心に干潟や磯での使用も考慮し、多岐に渡るフィールドにおいても高い汎用性を求めてはいたが、それでもやはり河川をメインに使う事でその性能を発揮していた。だが、今回生まれ変わったDOVER120F Rivaは河川だけではなく、磯や汽水湖などでも同等に投げ続けられる仕様となっており、その対応力を格段に向上させている。最も変わったのは水中での静止姿勢で、初代よりもやや前傾とする事で泳ぎ出しが格段に向上した。これにより、流れの少ない汽水湖や、正面からの流れを受けやすい磯やサーフなどでも素早く始動。ルアー自身が持つ最も重要な「遊泳力」を高める事で、適応能力のレベルが格段に上がったと表現しても良いだろう。また、パイロットルアーとしてのサーチ能力を担う飛距離もUP。始動の早さも相乗してより広範囲を探れるようになっている。飛距離が向上し始動も早いという事は、それだけ魚に食わせるチャンスが拡大したという事だ。リップはやや小さく、ボディシルエットもシェイプしており、飛行姿勢もすこぶる良い。放出されたラインが引っ張られていく気持ちの良いキャストフィールを味わってもらえるはずだ。
松尾 道洋について

カラー

  • 01 銀鱗ベイト
  • 02 クラシックレッドヘッド
  • 03 チャートバックパール
  • 04 イワシ
  • 05 ボラ
  • 06 コットンキャンディ
  • 07 チタニックサーディン
    (RED中村SP)
  • 08 マツオデラックス
    (松尾SP)
  • 09 ケイムラコノシロ
  • 10 アカキンピンク
  • 11 ビタミンカットホロ
  • 12 黒銀サラシ
    (松尾SP)
  • 13 どチャート
  • 14 ピンクキャンディ
    (北添SP)
ルアー トップ