AMBASSADOR

  • SEA BASS
  • LIGHT GAME
  • ROCK FISH
  • ROCK SHORE
  • OCEAN TROUT
  • GLOBAL AMBASSADOR

SEA BASS

村岡昌憲

村岡昌憲
  • APIALOG
  • ブログ
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
Masanori Muraoka

日本一の激戦区“東京湾奥”を代表するプロアングラー。
豊富な経験と理論をベースとし、近年は全国様々なフィールドで活躍。常に斬新な発想を提案し、ロッドやルアーの開発では数多くのヒット作を生み出している。自身が出演する釣りビジョン「Seabass Journey」は絶賛放映中。アングラーズコミュニティー「fimo」、ルアーブランド「ブルーブルー」の代表。
特技:ルアーチェンジ後、一投目で釣ること
1972年生 東京都在住

    中村祐介(RED中村)

    中村祐介(RED中村)
    • APIALOG
    • ブログ
    • Facebook
    • Instagram
    Yusuke Nakamura

    雑誌やTVの取材で日本全国を飛び回り、各地の情報に精通するプロアングラー。特に干潟のウェーディングや、磯のヒラスズキ釣りがフェイバリット。2015年には自身の経験を凝縮させたルアーブランド「ポジドライブガレージ」を設立。Abema TV「赤金探検隊」の隊長も務める。
    特技:無駄使い、衝動買いの散財王。
    1972年生 千葉県在住

      濱本国彦

      濱本国彦
      • APIALOG
      • ブログ
      • Facebook
      • Instagram
      Kunihiko Hamamoto

      四国を代表するプロアングラー。幼少より培った抜群のセンスとテクニックで、タイリクスズキやアカメなど数々のトロフィーサイズを仕留めた実績を持つ。特に河川での流れを読む能力は秀逸で、ドリフトのアプローチを得意とする。近年はロッドやルアーのタックルプロデューサーとしても活躍。また多くのアングラーから慕われ、人望も厚い。特技は宴会部長。好きなものは仲間と飲むビール。
      1968年生 香川県在住 

        北添貴行

        北添貴行
        • APIALOG
        • ブログ
        • Facebook
        • Instagram
        Takayuki Kitazoe

        高知在住時の2014年1月に雑誌「ルアーマガジンソルト」の取材で121cm 15kgのスーパーランカーシーバスを仕留めて周囲を驚かせ、2016年には125cmのアカメをキャッチするなど、レコードクラスを仕留めるランカーハンターとして名を馳せる。
        現在は大阪に拠点を移して、ボートシーバスのキャプテンとして活躍中。好きなものは船の操縦。嫌いなものは激辛料理。
        1982年生 大阪府在住

        主な使用ロッド

        フェイバリットルアー

          内田聖

          内田聖
          • APIALOG
          • ブログ
          • Facebook
          • Instagram
          Sei Uchida

          愛知県知多半島をホームグラウンドとするサラリーマンアングラー。仕事に子育てと多忙な日々を送りながら、短い時間でもしっかり釣果を叩き出す理論派。2019年は自身の経験を生かし、「激戦区で勝ち抜くコンパクトルアー」をコンセプトに各種ルアーをリリースする。現在TSURI HACKで記事を連載中。好きなものは夏、嫌いなものは人混み。
          1981年生 愛知県在住

          藤本昌大

          藤本昌大
          • APIALOG
          • Facebook
          Masahiro Fujimoto

          地元石川でシーバスを中心に、ライトゲームからショアジギングまで幅広く楽しむロコアングラー。恵まれた体格から繰り出す豪快なキャスティングと、繊細なアプローチには定評があり、北陸の様々なパターンに精通する。本職は焼肉店を経営する料理人。
          好きなものはお酒(禁酒中)。嫌いなものはPC(勉強中)
          1971年生 石川県在住

          平林峰彦

          平林峰彦
          • APIALOG
          • Facebook
          Minehiko Hirabayashi

          釣具店店長という職業柄、豊富な経験を生かし、東京湾奥から磯のヒラスズキまで幅広く釣行を重ねるアングラー。雑誌「シーバスライフ」でも、特命として引き続き活躍中。好きなものはワイン。嫌いなものはフルーツ(皮を剥いたり面倒くさいので)
          1980年生 東京都在住

            安田ヒロキ

            安田ヒロキ
            • APIALOG
            • ブログ
            • Facebook
            • Instagram
            • Twitter
            Hiroki Yasuda

            横浜出身で東京湾がホームグラウンド。デイゲーム、ナイトゲーム共に得意とし、多彩なアプローチには定評がある。バグラチオン の高速巻き”バグる!”を発表し、現在注目度が高いアングラー。好きなもの:寿司、ラーメンなど。嫌いなもの:すぐバグる人(だって釣れちゃうんだもん)
            1990年生 神奈川県在住

            加藤宏崇

            加藤宏崇
            • APIALOG
            • Facebook
            Hirotaka Kato

            東北シーバスの聖地”秋田”で圧倒的な釣果を叩き出すロコアングラー。雄物川や秋田運河などのリバーゲームや、男鹿半島のメバリングを得意とし、年間出撃回数は250回を優に超える。積み重ねた実践の経験をもとにした、ロジカルな解説にも定評がある。好きなものはラーメン(特に二郎系)。嫌いなものはキュウリとスイカ。
            1982年生 秋田県在住。

            永島規史

            永島規史
            • APIALOG
            • ブログ
            • Facebook
            • Instagram
            • Twitter
            Norifumi Nagashima

            三度の飯や仕事よりも釣りが好き過ぎるAPIA営業兼アンバサダー。
            年間釣行200日を超えるベテランアングラーで、シーバスやメバルのほかルアーフィッシング全般をこなす。その他の特技は”うっかり”。「鞄を電車に忘れる」「充電器を会社に忘れる」「ホテルの鍵を返し忘れる」などは日常茶飯事。付いたあだ名は”うっかりノリベェ”。特技はもちろん"うっかり"。
            1971年生 神奈川県在住

            中井佑一郎

            中井佑一郎
            • APIALOG
            • Facebook
            • Instagram
            • Twitter
            Yuichiro Nakai

            2020年入社した新入社員で、APIA広報兼アンバサダー。
            アーバンサイドのランガンが得意スタイルで、大阪北部を中心に年間を通じてシーバスの居所を追いかける。フェイバリットはバイブレーションを使ってボトムをネチる事。趣味はプロ野球観戦で、オリックスバファローズの大ファン。最近の悩みは、梅田に行くと必ずホストに勧誘されるらしい。
            1996年生 大阪府在住

            高橋康弘

            高橋康弘
            • Twitter
            Yasuhiro Takahashi

            新潟屈指のフィールドである阿賀野川をメインフィールドとし、日夜ランカーシーバスを追いかける。特にリバーシーバスを好み、流れを意識したドリフトでのアプローチがフェイバリット。自身のYouTubeチャンネル「ワンバイト」ではさまざまな釣りに挑戦している。
            1983年生 新潟県在住

            LIGHT GAME

            金丸竜児

            金丸竜児
            • APIALOG
            • Facebook
            • Instagram
            Ryuji Kanamaru

            年間を通じて尺メバルを狙うライトゲームのスペシャリスト。アコウやアカハタなどのグルーパーゲームやエギングも得意とする。またCAD/CAMのスキルも有し、ルアーデザイナーとして常に新しい可能性の模索にも意欲的である。2016年より自身のブランド「ルーディーズ」を設立。大の酒好きで、酔うとそーとー面白いと評判(笑)
            好きなものはもちろんお酒。嫌いなものは下ネタ(←嘘)
            1980年生 福岡県在住

            献上真也

            献上真也
            • APIALOG
            • Facebook
            Shinya Kenjo

            幼少の頃より釣りに親しみ、中学時代からシーバスやメバルのルアー釣りにのめり込む。海洋専門学校出身で、フィッシングインストラクターの資格を持ち、魚の生態にも詳しい。感性を非常に大事にするが、気になることは徹底的に追求し、妥協しない性分でもある。2019年はDOVER46 Slow Sinkingをプロデュース。
            好きなものは釣り道具。嫌いなものは激辛料理。
            1979年生 山口県在住

            鈴木達也

            鈴木達也
            • APIALOG
            • Facebook
            • Instagram
            Tatsuya Suzuki

            知多半島のメバルの生態を知り尽くし、地元愛知では群を抜く釣果を出し続けるフロートの名手。メバルのオフシーズンはシーバス、チヌなどをターゲットとし、1年中知多半島を徘徊する。愛称は「すずたつ」。
            好きなものは釣りと野球。嫌いなものはピーマン。
            1986年生 愛知県在住

            阪中豊博

            阪中豊博
            • APIALOG
            • Facebook
            • Instagram
            Toyohiro Sakanaka

            地元紀伊半島を広く使って、メバルやアジなどのライトゲームや、チヌ、磯のヒラスズキなど幅広く楽しむ。。元釣具店勤務の幅広い知識と経験をもち、GRANDAGE LITEの主要テストを担当した。愛称は「トヨさん」。
            好きな言葉は「ベイトめっちゃ入ってるで!」「フォールで喰ってきた!」。
            嫌いなものは湿度。
            1975年生 和歌山県在住

            ROCK FISH

            中嶋康文

            中嶋康文
            • APIALOG
            • ブログ
            • Facebook
            • Instagram
            • Twitter
            Yasufumi Nakashima

            東北を拠点にトロフィー級のアイナメやクロソイを狙う、ロックフィッシュアングラー。大学時代はバスフィッシングにのめり込み、そこで培ったスキルをロックフィッシュゲームへと昇華させ、独自の理論で釣りを展開する。
            Bruteシリーズのプロデューサー。特技はギターとキャンプ料理。
            1978年生 岩手県在住

              井戸川真吾

              井戸川真吾
              • APIALOG
              • Facebook
              • Instagram
              Shingo Idogawa

              エコギア主催の2018年パワーオーシャンカップ北海道地区のアングラーオブザイヤー(A.O.Y.)を獲得。遠投スタイルに並々ならぬこだわりを持ち、2018年はそのスタイルを貫き通しての戴冠。2020年はさらに進化したスタイル、タックルでP.O.C.スーパーロックの頂点を目指す。愛称は"ネパ"。
              好きなものは牛乳ときゅうりの漬物。嫌いなものは虫と柚子。
              1983年生 北海道在住

              主な使用ロッド

              最近の戦績

              【2位】 2019 P.O.C.北海道第2戦
              【優勝】 2019 ロックオンゲーム
              【2位】 2018 P.O.C.スーパーロックフィッシュ
              【優勝】 2018 P.O.C.北海道第3戦 ※ツアー戦総合優勝 A.O.Y.獲得

              谷藤圭太

              谷藤圭太
              • APIALOG
              • Facebook
              • Instagram
              • Twitter
              Keita Tanifuji

              北海道・函館を拠点とするロックフィッシュトーナメンターで、2019年はアウェイのパワーオーシャンカップ東北第3戦で優勝を果たす。恵まれた体格と、長いリーチを活かし、ミドルからロングレンジを得意としている。トーナメント以外ではマイボートでのボートロックやライトジギングなど、旬のオフショアを楽しむ。特技は不眠不休というタフマン。

              主な使用ロッド

              最近の戦績

              【優勝】 2019 P.O.C.東北第3戦
              2017 P.O.C.スーパーロックフィッシュ出場
              【4位】 2017 P.O.C.マスターズクラシック

                熊谷捷紀

                熊谷捷紀
                • APIALOG
                • Facebook
                • Twitter
                Toshiki Kumagai

                2018年ロックフィッシュトーナメントシーンに彗星のように登場し、数々の大会を制した生粋のトーナメンター。中距離までの丁寧なフィネスの釣りを武器に、2020年はさらなる躍進をめざす。好きなものはお酒と甘いもの。嫌いなものは皿洗いと食後のフルーツ。
                1996年生 宮城県在住

                主な使用ロッド

                最近の戦績

                【優勝】 2018 気仙沼A-1グランプリ
                【優勝】 2018 ロックフェスティバルin雄勝波板
                【優勝】 2018 ロックフィッシュフェスタin気仙沼
                【2位】 2018 P.O.C.東北第2戦

                ROCK SHORE

                溝口太郎

                溝口太郎 Taro Mizoguchi

                本土最南端・鹿児島県大隅半島がメインフィールドで、青物・磯ヒラスズキ、オフショアのエキスパート。本業は遊漁船「太郎丸」のキャプテンであり職業漁師。大隅半島の魚を知り尽くす一方、山菜やきのこにも精通する。
                1986年生 鹿児島県在住

                  川北雅之

                  川北雅之 Masayuki Kawakita

                  ロックショアに関しては特にホームを持たず、自身の知識と感を頼りに日本各地で大物と対峙する。フェイバリットはショアからのGT、ヒラマサ 、ヒラスズキであるが、ライトゲームもこよなく愛するマルチアングラーである。
                  1978年生 三重県在住

                    OCEAN TROUT

                    林準悟

                    林準悟
                    • APIALOG
                    • Facebook
                    • Instagram
                    Jungo Hayashi

                    通称”ジャークマン”。海アメ、海サクラの聖地”島牧”で、自ら生み出したジャーク釣法で圧倒的な釣果を出し続ける北海道サーフのカリスマ。サーフのルアーフィッシングのほかフライフィッシングなど、トラウト全般に精通する。特技はテニスとスキー。苦手なものは乳製品と片付け。
                    1974年生 北海道在住

                    GLOBAL AMBASSADOR

                    ALBERT FERNANDEZ CASANOVAS

                    ALBERT FERNANDEZ CASANOVAS
                    • Facebook
                    • Instagram
                    アルバート フェルナンデス カサノバス
                    SPAIN

                    Currently, living in Barcelona (Spain) where I practice sport fishing in one of the highest fishing pressure areas in the Mediterranean Sea. For this reason, I'm constantly moving from one place to another searching the best fishing spots.
                    I am specialized in urban game technics such as sea bass game, hard rock or light game, which allows me to catch many fish species and adjusting to different circumstances.
                    Nature lover and committed to catch and release philosophy.
                    My favourite colour is green, of course also for fishing.

                    スペインのバルセロナ在住。地中海にある最も釣りが盛んな地域がメインフィールド。より良いポイントを求めて、日々ランガンしています。
                    都市部でのアーバンサイドゲームを得意とし、シーバス、ハードロック、ライトゲームを楽しんでいます。
                    自然を愛し、キャッチアンドリリース哲学を実践。好きな色は緑、もちろん釣りに対しても同様である。

                    DAVY ONG

                    DAVY ONG
                    • Facebook
                    • Instagram
                    デヴィ オング
                    SINGAPORE

                    Residing in the urban city of Singapore, fishing has made up a significant part of my life since my childhood. With over 30 years of experience in the sport, I’ve learnt and experienced a great deal, and travelled extensively pursuing different species of fish around the world.
                    While I fish a variety of techniques, from big game popping/jigging to light rock fishing, my greatest passion lies with barramundi fishing.
                    Having travelled across Southeast Asia in pursuit of this species, I still feel that there is so much more to learn about barramundi fishing, and have made it my mission to study and know all there is about this fish.

                    シンガポールをホームエリアとするベテランマルチアングラー。
                    繊細なアプローチには定評があり、トップウォーターやミノーでマングローブのピンスポットに打ち込むスタイルを得意とする。
                    フェイバリットフィッシュはバラマンディで、その他ライトロックフィッシュやGT、ジギングまで幅広くこなす。現在はバラマンディの生態を研究し、東南アジア各国を釣り歩く。好きな言葉は“Let’s go fishing!”

                    IVAN LAGOA

                    IVAN LAGOA
                    • Facebook
                    • Instagram
                    イバン ラゴア
                    SPAIN

                    Originally from Galicia (northwestern Spain) a place bathed by the Cantabrian Sea and the Atlantic Ocean where he enjoyed the best of both coasts. An angler respected by many of fishing professionals around the country for his unstoppable curiosity to apply and import technical concepts from overseas, especially from Japan, and share them in an instructive way for many people and companies. His logical ability to apply new concepts and materials has transformed him over the years into a technical and very versatile fisherman. Seabass angler specialized in surf game and wading bay areas.

                    カンタブリア海と大西洋に面したスペイン北西部のガリシア出身で、両海岸をホームエリアとするシーバスアングラー。スペイン中のプロアングラーからリスペクトされており、スタイルとしてはロジカルな考えをベースに、特に日本のタックルやテクニックを応用し取り入れている。サーフゲームとシャローエリアを得意とする。

                    主な使用ロッド

                    フェイバリットルアー

                    PRODUCT TESTER

                    元田浩之

                    元田浩之Hiroyuki Motoda

                    ランカーシーバスのメッカ熊本県・球磨川をメインフィールドとし、日々モンスターを求めて奮闘中。愛称はモトちゃん。ニラは大の苦手で見るのも嫌。
                    1986年生 熊本県在住

                    外山桂大

                    外山桂大Yoshihiro Toyama

                    メインフィールドは東京湾奥エリア。オカッパリからウェーディング、ボートなど様々なアプローチで年間を通じて活動する。定期的に魚の引きを感じていないと体調不良を起こすらしい。
                    1991年生 東京都在住

                    中山尚之

                    中山尚之Naoyuki Nakayama

                    メインフィールドは宮城県県南の阿武隈川。好きなスタイルは雪が降ろうがナイトウェーディング一筋。助っ人外国人のような風貌から、仲間内での愛称は「ブライアン」。
                    1993年生 宮城県在住

                    鎌田智輝

                    鎌田智輝Tomoki Kamada

                    “東北シーバスの聖地”秋田県・雄物川、秋田運河、男鹿半島をメインフィールドとし、シーバス以外にもメバルやロックフィッシュも得意。元高校球児だったがプロへの道を断念し、その情熱はすべて釣りに向けている。
                    1996年生 秋田県在住

                    小奈弘樹

                    小奈弘樹Hiroki Ona

                    新潟県内河川をメインフィールドとし、シーバス以外にもアジ、メバル、ロックフィッシュや青物、そして淡水までと幅広く、ルアーで釣れるものは何でも釣るマルチアングラー。座右の銘は「人生はノリとセンスと勢い」
                    1997年生 新潟県在住

                    黒田雄斗

                    黒田雄斗Yuto Kuroda

                    南九州の河川やサーフ、磯を中心に活動。特にサーフのオオニベと磯のヒラスズキに情熱を燃やす。また同じくらいアイドルにも情熱を燃やしており、釣り界一のモノノフ(ももクロファン)を目指す。
                    1998年生 鹿児島県在住

                    清宮康介

                    清宮康介Kosuke Kiyomiya

                    外房をメインフィールドとし、ロックショアのヒラマサやヒラスズキを年間通じて追いかける。トレードマークのヘルメットを被るとスイッチが入るらしく、フィールドでは欠かせない存在である。
                    1990年生 神奈川県在住

                    柴田孝紘

                    柴田孝紘Takahiro Shibata

                    情熱はすべてチヌに注ぎ、年間1,000枚以上のチヌを釣る生粋のブリームジャンキー。「079(姫路)スタイル」と自ら名付けたオリジナルスタイルで多彩なアプローチを駆使する。釣りの前は音楽活動を長年やっており、特技はヒューマンビートボックス。
                    1988年生 兵庫県在住

                    • SEA BASS
                    • LIGHT GAME
                    • ROCK FISH
                    • ROCK SHORE
                    • OCEAN TROUT
                    • GLOBAL AMBASSADOR