愛称はチビバデル。地域差を埋めるダウンサイジングモデル。

フィールド格差を埋める105mmのダウンサイジングモデルが、ランカーハンティングの精度をより高める。一見、小場所でモンスタークラスが潜んでいないような所にも、彼等の拠り所となるファクターが存在する場合がある。ベイトが集まる小さな流れ込みや、壁面パイプから流れる温排水にアシ際など、小さなベイトが溜まるポイントこそモンスタークラスが立ち寄る効率の良い捕食場所。オリジナルサイズを踏襲したアクションと、泳ぎ出しの速さで素早くアピールを開始し、最後までロスすることなく足元までキッチリと泳ぎ切る。もちろん小場所のみならず、大規模河川における橋脚へのピンポイント流し込みが持つ威力は折り紙付き。

[全長] 105mm [重量]15g [タイプ] スローフローティング
[アクション] バリアブルウォブンロール [レンジ] 30〜60cm [フック] #4
[価格] ¥1,800(税抜)

濱本国彦プロデュース

チビバデルへの想い。

濱本 国彦

ラムタラ130から生まれた派生に「ラムタラバデル130」がある。河川の流速などは地域によって違いがある為、それに対応できるウエイトチューンモデルが必要だったわけだが、新たに戦力として加える事によって、多くの人、幅広い地域に方々に「ラムタラの真髄」を体感して頂いている。ランカーの攻略において、「巻き過ぎ」「動かし過ぎ」と言う思いも寄らない真実に気が付いた時、ようやく狙って釣るというステージに駆け上がる事が出来るのだが、ラムタラコンセプトによって引きずり出されたBIGONEの捕獲報告を多数受けた時は、監修した僕自身ですら心底驚かされた。そして2016年、バデル130のダウンサイジングモデルとして「バデル105」をいよいよ世に送り出す事に。こちらも、動き・姿勢・フォルムを損なわずコンセプトを踏襲したセッティングになっており、ドリフトの本質である「水に馴染ませる」事に長けたルアーとなっている。105というサイズ感は抵抗なく投げられる大きさで、巻きを入れた時の魅力も引き出せる。この大きさであれば小場所でも一軍として活躍してくれるはず。あなたの夢をバデル105に背負わせてフルキャスト!きっと幸せになって頂けるはずです!!
濱本国彦について

カラー

  • 01 ハマーナイト(濱本SP)
  • 02 レッドヘッドホロ
  • 03 ハマーチャート(濱本SP)
  • 04 イワシ
  • 05 ボラやん(北添SP)
  • 06 コットンキャンディー
  • 07 サッパ
  • 09 パールシースルー
  • 10 レッドビア(村岡SP)
  • 11 チタニックサーディン(RED中村SP)
  • 12 マツオデラックス(松尾SP)
  • 13 スーパーナチュラル
  • 102 CHモヒート(RED中村SP)
  • 103 チャートやん(北添SP)
  • 104 釜玉ホワイト(濱本SP)
ルアー トップ